[MV] LOONA (今月の少女) "HULA HOOP" youtu.be/tnpUv1Vj5MA

デジタルコミックのコマを一コマづつで縦読みで見るのと近い感覚かなーと思うけど、このならが見する感じは楽しいな。境界が消滅しているところとか。

しんたろさん、大葉みらいさんに会ったら確実に推しメンがひとり増えると思います。。。

ライブを生で見てメンバーに接触したあとだと、水着MVの意味が全く変わってくるな。。

@keihouraku ちなみに撮影位置はこんな感じです。三列目の上手。開演時間勘違いしてて今までの人生の中で最速で自宅から鹿児島市街地に着いてギリギリ入場したのでこの位置。

Show thread

やっぱ歌って踊る美少女を見るのは最高娯楽だな()

「おとなになれない」はそんなにトリッキーな歌割りでは無い曲ではありますが、初見なのに抑えるべきところを完璧に抑えてますね・・

今回の撮影、my new gearのGH5M2(運良く激安でゲット)の初実戦投入だったのですが、全然戦えました。

キットレンズだし、暗所は弱いけど、ステージを撮る分には全然問題なかったです!パナは手ブレ補正がめちゃくちゃ効くのがありがたい。。

MFTなので、解像感に関してはどうしてもフルサイズに負けちゃいますが、動画をやるにあたっての過不足が全然無い感があって、完成度がすごく高い。

軽くて小型で手軽に持ち運べて、長時間でも止まらず、4kで10bitの色情報ふんだんな動画が取れて、カラコレ・カラグレにに興味が湧いたときでも対応できる素材が撮れて、AFもSONYと比べると完璧ではないけど、ライブ動画撮る上での問題ないレベルだし、手ブレ補正がすごく効く。

これから動画機欲しいなーって人はコレか、数ヶ月以内には出るであろうGH6買っとけばいいと思います。

ってことで、mastodol先行公開!です!!!!!!!!!!!!!!1年ぶりのライブでした!!!!!!!!!!撮影自体は1年9ヶ月ぶり!!!!!
ライブ楽しかったです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

==================

HelloYouth / おとなになれない [20211016 @ 鹿児島 Speed King]
youtube.com/watch?v=Tpx9I-NQ-s

twitterは4k処理終わってからツイート予定です!

ちなみに個人的に一番目がいってキャワワだなと思ったのは、平松さんでした。ツインテールの時もあるみたいなのですが、今日はそうでなかったので個人的な趣味としては良かったです。あとライブ見ながら、玄人だな。。。と思ってたのですが、帰宅してから年齢確認したら17歳でした。

物販にて。

bbtbさんの(Twitterの方の)名前を出してみたところ↓

み「東京の?」
ホ「はい」
み「メガネかけてる?」
ホ「はい」
み「私のこと好き?」
ホ「はい」

とのことです。

大葉さん、お美しすぎる上に、物販時に感じた根っからの明るさみたいなものがすごく可愛かったです。

「撮る意味」という点では自分は写真ですけど、ライブに足を運んでもらう為の「誘い水」ですね。普通のグラビア写真とかでは見れないライブならではの瞬間が撮れれば絶対に興味を持ってもらえると思って撮ってます(最近全く撮る機会が無いですが笑)。そういうのは映像でも共通する部分かも。

ライブ映像の良さって、実際に足を運んでた人にとっては楽しかった体験の反すう材料になったり補完材料になったりと得るものが大きいし、足を運ばなかった人にとってはライブの美味しい視点や瞬間を凝縮した形で観れるという利点があるところかなと。

もっときちんと丁寧に詳細に伝えたい説明したいから、動画編集をしたくなるんだよ。したくなるっていうかせざるを得なくなるんだよ。

Show thread

ふと橋本治のテキストを思い出している。
「撮る」って考えるとなにをしたらいいのか捉えづらくなるけど、「説明する」って考えると自分がなにをやればいいのか少し捉えやすくなる。

"「写生文の重要」は、そのまま、「人に説明することの重要」を語る。それだけのことである。作家というのは、「文書で人になにかを説明する職業」なのだから、「語るべきことを相手の理解に届くように語る」は、作家の基本である。"

“「自分の思うことをそのまま書く」がOKになったら、その先には、「"読み手"という相手を想定して、それに対して説明をする」という必要も見えなくなる。ところがしかし、「説明」は必要なのである。「人に対して語る」という能力は、「説明する」の能力と共にあるものだからである。”

Show thread

今の自分はそんな感覚はないんだけど、ずっと昔ライブに興味がなくて音楽にも興味のない10代の自分が、たまにテレビでライブ映像のDVDランキングなどを見かけて思っていたことは

「何でわざわざライブを映像で見るんだろう?なにがおもしろいのそれ?
(注※ライブは生で見てこと素晴らしいという思考がない上での感想。メディアが変わると別物のはずなのに、(ライブ)映像なんてそんなの見たい?っていう違和感といった方が正しい)」

なんだけど、その違和感に今の自分が答えるのだとしたら、

「ライブでしか見れない味わえないものはあって、それをきちんと記録した映像は見るとテンションが上がるよ?楽しいよ?」って感じになると思う。

って考えると、自分的にはライブ映像は、ドキュメントなんだと思う。基本的にはやはり。

Show thread

ってなことを考えたりした上で
撮影者や製作者に、

「ライブ動画とは、そもそも何のためにあるのか?」

という問いをぶつけたら、どう答えるんだろう。

Show thread

撮影者を「公式撮影なのかビデコなのか」という分け方で捉えるのではなく、それを一旦横に置いておいて、「みんなで一緒にいいライブ動画をつくる」ってことが目的とすると、問題は解決する。けれども、それだと「ライブのドキュメント」としての性質が弱くなる。たとえただの観客だったとしても、否応なく「見る見られる」ことへの意識を強く持だざるを得なくなってくる。

Show thread

たぶん、公式の撮影部隊が客と同じチケ代とドリンク代を払っていたとしても、客側からの拒否反応があると思うんだけど、そう考えると「フロアは純粋に観客のためのものだ」という考えはベースにあるというのがはっきりわかるし、カメコとビデコを嫌がる人がいるのもわかる。カメコビデコの性質って、そう考えると基本的には曖昧なものなんだけど、「自分たちはアマチュアです!一介のファンにすぎません!」っていう態度を持つことで「ファン側」に回収することが可能になっている。

Show thread
Show older
Mastodol

Mastodol(マストドル)は「アイドル」に関するMastodonのインスタンス(サーバー)です。